ビジネスセミナー研究室

独立起業を目指して、アメリカ&日本で受講したビジネスセミナーや講義の内容を中心にご紹介しています
2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
セミナー名:だから部下がついてこない~10億生み出す社長のマネジメント失敗学
講師:嶋津良智
講師紹介:1965年東京生まれ。ペイフォワードビジネスカレッジ代表。大学を卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。入社2年目に同企業が当時日本最短記録で株式上場を果たす。同期100名の中でトップセールスマンとして活躍し、その功績が認められ24歳の若さで最年少営業部長に抜擢され、3ヶ月でマネージャーとして全国NO1になる。28歳の時に独立、代表取締役社長に就任し、翌1994年、縁あって知り合った二人の経営者と、業界初のフランチャイズ事業をスタートさせるに当たり、合弁で会社を設立。2004年には、創業以来一つの目標であった株式上場を果たす。実質5年で52億の会社に育て上げ、現在は第一線からは退き非常勤の社外取締役として後進の育成や、独特のコンサルティング手法で各界の企業をバックアップしている傍ら、講演・セミナーなどで若手経営者・ビジネスマン・学生を中心に‘ペイフォワードビジネスカレッジ’を主宰し、次世代を担うリーダーの育成に取り組んでいる。

おすすめ度:★★★★★
楽しくて、笑いあり、気づきありの、為になるセミナーでした
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このセミナーはスタッフとして参加しました。司会を引き受けたのですが、「懇親会」を
「講演会」と言ってしまい、講師の方につっこまれました(> <)。自分では全く気づかなかった。。。それでは今回のセミナーで心に残ったことをご紹介しますね。


1.人を動かす

人が動かないのは説得されているから。
自らの選択で納得して動いた時に、エネルギーは何倍にもなり、継続性がある。

悩み:部下が自分の思う通りに動いてくれない
答え:人を動かそうなんて思うことの方がおかしい。上司は部下が自ら動こうとする環境を作ることが大切。

スキル、テクニックだけでは動かない。

頭で話すと頭に響く、心で話すと心に響く。

関わり方が大切だということ

2.人が動くために
(1)考えさせる
自分の部下が相談や問題を持ち込んできた時に、あなたはどういう対応をしますか?

「君はどう思う?」と部下はどう考えているのかをまず聞く。
そして目標が達成できなかった場合は、いつどこでどうやったら目標を達成できたのかというバーチャルプランを部下に書かせる。

(2)体験させる
部下に仕事を任せる。
人に仕事を任せない ⇒ 部下の成長を妨げる原因になる

任せたらがまん。口を出したくなるが、育つまで失敗させながら、がまんして待つ。任せっぱなしはダメ。部下の失敗は責任を取る。

部下に報告させることで、上司の不安は解消する。

マネジメントの段階を知ること。
ティーチング → コーチング → 委任

(3)行動させる
実行率と徹底率が他社との差を生む

今週出す成果は何か?
その成果を出すために何をするか?
結果はどうだったか?
その結果を出すためにやった実際のアクションは何か?
来週はどんな仕事をするのか?
それを達成するためにどんなことをするのか?
セミナー・独立起業
セミナー・独立起業
セミナー・独立起業

というレポートを書かせると、どの程度やる人間なのかという、部下の行動の傾向が見えてくる。

(4)話をさせる
部下の話を最後までちゃんと聞く
メリット:情報が入ってくる、その人を理解できる

話の聞き方のポイント(アクティブリスニング)
・気持ちを汲む
・繰り返す
・言い換える
・沈黙

(5)フォローする
・スタートを見届ける
・正しい方向へ動いているか
・経過報告をうける
・目配り、気配り

3.上司と部下のコミュニケーションギャップを生まないために
・期待していること、されていることを理解しあっているか?
・どういう上司、部下であってほしいか理解する
・ほめる、叱るのバランスをとる
・オープンマインドで接する

4.目的・目標を持っていない部下の対処法
(1)過去の棚卸をさせる
どんな時にうれしかったか?

(2)未来の棚卸をさせる
どんな風になりたいのか

(3)未来の状態を得るために何が必要なのか

(4)仕事と棚卸の結果をリンクさせる
仕事で具体的にどういう風にすれば、(2)の目標になるか

(5)部下と共有する

5.その他
・反射の利 → 部下に元気がないのは、自分に元気がないから
・自分を叱ってくれる人を周りにもっていたほうがよい。経営者になると、誰も叱ってくれなくなり孤独だから。
・やる気の善循環システム
責任ある仕事 → 達成感 → 評価(承認)→ 成長


<あとがき>
このセミナーは私の記念すべき?第一回目の司会業でした。
(結婚式二次会の司会はやったことがありますが...)
プレゼン等で人前で話すのには慣れているつもりなのですが、やっぱり初めは緊張しますね。今後の私の課題は、「最低1回は笑いを取ること」だそうです。
む、難しい。。。ギャグセンスを磨かなければ。
スポンサーサイト



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
このブログ内容が濃いですね
耳が痛い内容もありますが、中身が濃くてとてもためになります。
2006/03/08(水) 02:22:33 | URL | 3分 #WwQrxNkA[ 編集]
コメントありがとうございます
こんにちは。
コメントありがとうございます。

そう言って頂けると、最近サボりまくっていたブログをまた書く気になってきました。私って単純。。。

また遊びに来てくださいね。
2006/03/08(水) 03:21:33 | URL | labchan #-[ 編集]
はじめまして
TBありがとうございました。
これからもマチスケご愛読ください。応援して帰りますね。
2006/04/01(土) 08:22:46 | URL | マチスケ #-[ 編集]
マチスケさん、こんにちは。

今年の新入社員の特徴が「ブログ型」って面白いですね。また遊びに行きます~。
2006/04/05(水) 15:30:50 | URL | labchan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://labchan.blog15.fc2.com/tb.php/85-26157190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。