ビジネスセミナー研究室

独立起業を目指して、アメリカ&日本で受講したビジネスセミナーや講義の内容を中心にご紹介しています
2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
セミナー名:Trademarks and Copyrights an Intellectual Property Overview
講師:Mark Gisi
セミナー概要:Intellectual property management is a core business strategy issue that should be an integral part of every business plan. It is therefore critical that every businessperson have a basic understanding of the four core areas of intellectual property: patents, trademarks, trade secrets and copyrights.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

講師の方は、Intellectual propertyを専門に扱う会社の社長さんでした。Intellectual propertyとは知的財産のことで、主なものに、

・Patent(特許権)
・Trade Secret(企業秘密)
・Trademark(商標)
・Copyright(著作権)

などがあります。これらはIntangible Assets(無形資産)として計上する、とAccountingの授業で習いました(^^)/

今日の講義はTrademarkとCopyrightについてでした。PatentとTrade Secretに関しては、来月始めにセミナーがあるそうです。

私が面白いなと思ったのは、

1.Trademarksは維持費を払ってメンテナンスしないと権利を失う。例えば、

 ・aspirin(アスピリン)
 ・cellophane(セロファン)
 ・escalator(エスカレーター)
 ・trampoline(トランポリン)
 ・yo-yo(ヨーヨー)
 ・zipper(ジッパー)

などは、以前は商標だったが、今では誰でも自由に使うことができる。ちなみに

 ・Xerox®(ゼロックス)
 ・Kleenex®(クリネックス)

などは、まだ頑張って維持してるそうです。

2.Trademarksは形容詞。名詞ではない。
  × Acrobat® is ideal for sharing Documents...
  ○ The Acrobat® Viewer is ideal for sharing Documents...

3.Trademarksはgoods(商品)やproducts(製品)を他のものと区別するために
  用いられる言葉や名前、記号、模様など。Service marksはサービスを
  他と区別するために用いられる。

4.® vs. TM
® = Register marks(登録済み商標) 
TMSM = Unregistered trade and service marks

5.Strong vs. Weak marks

 強 Fanciful marks  e.g. Xerox, Kodak
 ↑ Arbitrary marks  e.g. Apple® computer
 ↑ Suggestive marks  e.g. Coppertone® Suntain Lotion
 ↑ Descriptive marks  e.g. Holiday Inn
 弱 Generic marks  e.g. 9 Minute Oil Change

6.Copyrightsはオリジナルな創造物(creative expression)を保護する権利。
  注) ideasやfactsはcopyrightsで保護されない。Copyrightsでカバーされるのは、

 ・文学作品、音楽やドラマ作品
 ・動画、音の録音
 ・絵画のグラフィック、彫刻作品
 ・建築物
 ・ソフトウェアなど。

余談ですが、おすすめの本・雑誌コーナーでも紹介している、BusinessWeekによると、2003年のBrand Valueは、

第1位 Coca-cola  704.5億
第2位 Microsoft  651.7億
第3位 IBM      517.7億

だそうです。日本企業はといえば、

第11位 Toyota   207.8億
第18位 Honda   156.3億
第20位 Sony    131.5億

と続きます。ブランド価値だけでこんなに高額だなんて。。。
第1位 Labchan  800億 なんて日が来ないかなー。

講義中の落書き↓
IMG_2375(2).jpg
©2005 Labchan All rights reserved. ←こんな感じかな?


■フィデリ・ビジネスセミナー
あなたにぴったりのビジネスセミナーが必ず見つかる!

■¥塾
不動産投資・株式投資・起業・会計のおすすめDVD&セミナー
スポンサーサイト



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
ブログコメントお初です。起業に向け、頑張ってセミナー受けて勉強しているようで、かっこいいです。話題のIPについては、米国ビジネスにおいてはほんとに大事な要素だと思うのですが、残念ながら私の経験からだと日本企業はその重要性が今ひとつ理解できない場合が多くて、どうも積極的ではないようです。業務で商標登録処理をしたり、個人的には特許も書いたことがあるのですが、なんかやりっぱなしになってしまい、メンテナンスもしなくて、会社として今ひとつ重要なものだという認識がないみたい。。。Labchan (TM) の起業会社が、そういう日本企業へのレクチャーもできるようになるといいかもね。頑張ってね。
2005/07/13(水) 02:24:14 | URL | まなぶ #-[ 編集]
おもしろい。勉強になりました。
ブランド形成は時間が掛かるけど、築き上げるとゆるぎない物になりますね。
日本だとあまり認知度が無いので、企業はあまりブランド形成を考えずにとりあえず売り上げを上げることだけを考えている風潮があります。
それにより、多くの企業がブランド力を高めることが出来ずに泥沼に入っています。日本では500万円あったら、多くの人はトヨタの高級車より少し安いBMWを買うと思います。
これは品質よりもブランド力が勝っている例だと思います。
2005/07/13(水) 08:18:51 | URL | こぐまちゃん #eQV5JJL2[ 編集]
こぐまちゃんさん、まなぶさん、コメントありがとうございます!こぐまちゃんさんのBMVとトヨタの例、すごくわかりやすいです。
アメリカはcopyrightsとかもすごく厳しいですよね。以前、本をコピーしてもらおうと、コピーセンターに持っていったら、「©があるのでコピーできない」と言われたことがありました。。。
2005/07/13(水) 16:44:55 | URL | labchan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://labchan.blog15.fc2.com/tb.php/7-f8cc493d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。