ビジネスセミナー研究室

独立起業を目指して、アメリカ&日本で受講したビジネスセミナーや講義の内容を中心にご紹介しています
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
先日、祖母の洗濯機が壊れたので、いっしょに新しい洗濯機を買いに行きました。販売員さんに、「今売れているのはどれですか?」「なぜ売れているのですか?」「5キロ以内の洗濯機に樹脂が使われるのはなぜですか?(ちなみに5キロ以上はアルミを使用するそうです)」などと質問攻めにして、いろいろ聞いていたのですが、その中で面白かったのが価格設定と付加価値です。

価格設定

“他社よりも値段が高かったら、その安い値段に合わせます”というような垂れ幕がかかっていたので、「ノ○マではこの価格より1万円安かったので、1万円引きになりますか?」と聞くと、「ノ○マさんは仕入れルートが違うので、対象外なんです。もし、ヤ○ダ電気やコ○マなどで当社より安かったらメーカーさんに言う事ができるので、言ってください」と言われました。仕入れルートが同じ場合はメーカーに価格交渉できるそうです。

今、家電店では競争ではなく、共存の時代になったのかな、と思いました。

付加価値

今回洗濯機を購入した家電店では、通常は1年間の無償保証を3年間にすることによって他社と差別化を図っているそうです。

これは、「平成・進化論」に書いてあった、
---------------------------------------------------------------------
現代のような、モノが売れない時代にあっては、安易に商品の値段を下げるのではなく、商品に付加価値をつけることを考えていくべき。値段を下げれば、不毛な戦いにおちいり、自滅への道を歩むだけ。

「どうしたら、もっとお客さんは喜び、満足してくださるだろうか?」そこに視点をフォーカスすべし。

たとえ、同じような商品であっても、見えないソフトな部分で価値を提供することによって、より売上があがり、リピートがおこり、紹介が発生し、利益率の高いビジネスができるようになる。

そして、そういった価値を付加するには、えてして、ほとんどコストがかからなかったりもしたりするのだ。
---------------------------------------------------------------------
に当てはまるのではないかな、と思いました。

洗濯機の値段を下げるのではなく、無料保証を3年間にすることによって、商品に付加価値をつける。新品の洗濯機が3年以内に壊れる事などめったにないので、ほとんどコストがかからない。でも機械に弱いお年寄りなどにとっては、3年間無料保証と言うのは心強いし、安心できるサービスである。

今回は販売員さんにいろんな話が聞けて、楽しいショッピングでした。

<あとがき>
先日、前の会社の同期+αと銀座で飲みました。集まったのは総勢12名。5年ぶりに会う人なんかもいて、みんな結婚したり、子供ができたり、転職したり、とそれぞれ頑張っているようで、うれしく思いました。忙しいのに同期会開いてくれた幹事さんに感謝感謝です。


■商用ホームページの作り方
起業家・経営者・SOHO向け。超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル

■成功率99%、起業家のための売れるホームページ17の法則
短期間に20名以上の起業家が成功したホームページのスーパーテクニックとは?
スポンサーサイト



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://labchan.blog15.fc2.com/tb.php/51-f2252104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。