ビジネスセミナー研究室

独立起業を目指して、アメリカ&日本で受講したビジネスセミナーや講義の内容を中心にご紹介しています
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
今日は皆さんから頂いた質問に答えてみようと思います。

1.影響を受けた本て何?
2.起業しようと思った動機は?いつ決意を固めたの?
3.「働く」ってどういうことだと思う?

質問1.影響を受けた本って?

最初にビジネスに興味を持つきっかけを私にくれたのは、おすすめの本コーナーにも書いた、ロバート キヨサキの金持ち父さん貧乏父さんです。

ベストセラーになったので、皆さんもよくご存知だと思います。
私はこの本を読む前から、ロバート キヨサキの顔だけ知っていました。というのも、よくアメリカのテレビで、日本のテレフォンショッピングのように、彼の教材やDVDを売っていたからです。なぜか私が見る番組にはよく彼が出てきて、"高い教材を売るちょっとあやしいおじさん"という印象でした。

日本で、金持ち父さん貧乏父さんという本が売れているのも小耳にはさんで知っていました。でもその頃は学校が忙しくて、本読む時間あるなら教科書読むといった感じで、興味ありませんでした。去年の11月頃、ホームパーティで友達の家に行った時、金持ち父さん貧乏父さんを見つけ、そういえばこんな本あったけなぁ、と借りてきました。

家に帰って本見てびっくり!あの"ちょっとあやしいテレフォンショッピングのおじさん" = 金持ち父さん貧乏父さんの作者でした。

この本は私の知らない世界を教えてくれました。ビジネスに興味をもった私は、さっそく春学期からSmall BusinessとAccountingの授業を取ることにしたのでした。

もしまだ読んでいない方がいたら、ぜひ読んでみて下さい。Amazonで買えば、1,500円以上は配送料無料なので。人生観が変わるかも?その時、私がいっしょに読んだ、金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントも載せておきます。2つ読む時間がなければ、金持ち父さん貧乏父さんだけでいいと思います。内容が重複している部分もあったので。




質問2.起業の動機は?いつ決意を固めたの?

起業したいと思ったのは、いろいろな本を読み、AccountingとSmall Businessの授業を取ってからです。Accountingの授業では会社の仕組みやファイナンシャルレポート、株、投資などを勉強し、毎日自分が知らなかった事を知るのが楽しくて、常に計算機を持ち歩いてました。ビジネスの授業では、marketing、finance、managementなどを勉強しながら、ビジネスの楽しさを知り、自分のビジネスプランを作成しながら、心はすっかり社長でした。

ビジネスプランを作る際、自分のビジネスは誰かの、そして社会の役に立つ事なのか、そうでないと誰からも共感を得てもらえないと知り、自分のやりたい事、起業への決意が固まっていったのでした。

TESOLじゃなくてMBAに行けばよかったかなってちらっと思ったけど、でもアメリカに来た時はTESOLしか興味なかったんだよなぁ。今年は「週末起業」、「情報起業」に続き、
「異業種起業」って言葉を流行らせようかな(笑)。

なんだか気持ちだけ先走ってる感じですが、「起業しよう、絶対するぞ!」って思ってたらなんだかできそうな気がしてくるのは私だけ?

起業してなかったら笑ってやって下さい。

質問3.「働く」とは?

これは皆さん、一人一人違う答えがあると思います。
私にとって働くとは、「多くを学び、自分を成長させる事」、「社会の役に立ち、みんなに喜んでもらう事」、「人を幸せにし、自分も幸せを感じる事」かな。

ビジネスをするのであれば、取引先にもHappyでいてもらいたいし、
自分もHappyでいたい←ここ大事(笑)。

例えば、昨日このブログに書いたセミナーの例を取ってみると、ジャンクメールをむやみに送りつけるのではなく、相手は今どんな情報や商品を必要としているのかを、相手の立場になって考え、そのほしがっているものをあげる。そうすれば相手も喜ぶし、私も売上につながってうれしい。ちょっと単純すぎ?

でも自分の事だけでなく、相手の事も考えられるビジネスパーソンになりたいなぁと思います。

生命保険会社でトップセールスだった友達は、「必要になった時は言って下さいね。その時はお客様にぴったりの保険をご用意しますので」という感じで、強引に契約を迫る事はなかったそうです。

かたや自宅まで営業に来た別の保険会社のおばさんは、当時20歳で大学生だった私に、まったく不必要な、掛金月々15,000円、死亡時支払額5,000万円、の掛け捨て保険を勧めたのでした。そして説得された私は契約し、その後も半年に1回は訪ねてきて、もっと掛金の高い保険を勧めます。きっといいカモだったんだろうなぁ。数年後解約した際には、積み立てだと言われていた保険が、掛け捨てだったことが判明。もうぜったいこことは契約しない!と思っていたら、この保険会社は倒産してしまいました。

<今日の教訓>
自分の事だけ考えて利益をあげようとすると、結局は自分にとばっちりが返ってくる。なーんちゃって。

相手の立場になってセールスする事は、一見遠回りに見えて、実は一番の近道なのかもしれないなぁ、と思いました。


■営業コミッションで8桁の年収を稼ぐ「マル秘実践営業マニュアル」
伝説の所長がこっそり教える、入社1週間でトップ営業マンになる奇跡の方法
スポンサーサイト



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://labchan.blog15.fc2.com/tb.php/4-896b9a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。