ビジネスセミナー研究室

独立起業を目指して、アメリカ&日本で受講したビジネスセミナーや講義の内容を中心にご紹介しています
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
全国商工会連合会をご存知ですか?独立起業を考えている方には、お役立ち情報が満載のホームページです。

今日は、全国商工会連合会の創業・開業に役立つ11のポイントから、「成功への道のり」を抜粋してご紹介したいと思います。

成功への道のり

1.綿密な研究と工夫をしている

衝動的に行動することは好ましくありません。成功に近づくには、そのビジネスについてできる限り、緻密な研究が必要です。じっくりと研究を重ね、勝算ありと計算したときに踏み切るのです。

2.周到な準備をしている

創業・開業はやっつけ仕事ではできません。考えられる限りのシナリオを検討し、周到な準備を整えておくことが大切です。昔から「段取り八分」といい、成功には準備が8割以上の重要性を占めています。創業・開業を志したら、様々な情報を収集し、協力者を探さなければなりません。

3.人に頼らない心をもっている

誰かがやってくれるだろうという依頼心は、もっとも禁物です。一から十まですべて自分で目を通してください。まず自分自身がそのビジネスに習熟しておくことが必要です。立ち上がり当初の、出金、入金、仕入れなどはすべて自分で管理します。人任せにしてはいけません。共同経営が破綻しやすいのもここに原因があります。

4.すき間を狙っている

大きな開口部はすでに大企業・大資本が進出して占めています。私たちが小資本で進出して勝利できるのは、大企業・大資本の投資の対象となりにくいすき間(ニッチ)です。小さなすき間ですから、それを手掛ける1~2社のみ成功できるのです。すき間は私たちにとって、有利な場所です。

5.オリジナリティがある

企画、商品、販売方法、立地などさまざまな分野で、オリジナリティがあることが必要です。他人と同じことをやったのでは、価格競争に向かわざるを得なくなります。価格競争は経営上大きなデメリットとなりますので、絶対に避けたいものです。価格競争に勝つためには、だれもやらないことをやらなければなりません。

6.フ・カ・イを追求している

ビジネス・チャンスはフ・カ・イを追求するところにあります。お客様のフ・カ・イを発見するところから儲けの切り口が見つかります。

 ・フ 不平、不満、不自由、不便、不快、不足、不利益、不安…
 ・カ 課題
 ・イ イライラ

7.カ・マ・メ・シがある

フ・カ・イを発見してカ・マ・メ・シを提供するのが、ビジネスのコツです。どのビジネスでも、アメニティとかホスピタリティ、癒し、安らぎなど精神的なものを重視する風潮が高まっています。

 ・カ 感動
 ・マ 満足
 ・メ メリット
 ・シ 信頼

8.根気強さがある

創業・開業には「成功するまで撤退しない」という強い気構えが必要です。「不退転の決意」といいます。「石の上にも3年」と粘りぬく気持ちがなければ成功はおぼつきません。成功者たちはどうしたらお客様が満足してくださるか根気強く徹底的に研究をかさねています。

9.飽くなき探究心がある

日々が工夫の連続です。工夫のポイントは限りなくあります。
 (1)製品・商品をどう陳列したらいいのか
 (2)どう説明したらいいのか
 (3)どうコストダウンを図ったらいいのか
 (4)販促ツールをどう作ったらいいのか
 (5)どのような製品・商品を提供したらいいのか
 (6)整理・整頓・清潔・清掃・しつけ、はこれでいいのか
 (7)どう改良・改善をくわえていったらいいのか等

10.リーダーシップを発揮できる

オーナー創業者は、
 (1)仕入れ業者・協力業者との交渉
 (2)営業先・販売先の開拓
 (3)営業先・販売先の交渉
 (4)家族・従業員との協力
 (5)銀行との資金交渉
 (6)クレームの処理
 (7)アフターサービス
 (8)顧客との信頼関係維持

など、あらゆる面でリーダーシップの発揮が必要です。強い意志と交渉力、説得力を養うようにします。

11.柔軟な考えをもっている

ガチガチの考え方では常に変化する周辺情勢に対応しきれません。根本的な理念を踏まえた上で「朝令暮改」どころか「朝令昼改」の覚悟が必要です。「経営は状況適応業である」とも言います。柔軟に利益を追求する姿勢が必要です。

12.専門家を活用できる

創業・開業当初はさまざまな意味で、相談相手(メンター)やコーチ役が欠かせません。どのような人を指南役にお願いするか、また苦手な部分は司法書士、税理士や社会保険労務士、弁護士などの専門家に依頼するようにします。これらは成功し利潤を上げるために必要なコストであると割り切ることが必要です。

13.過去産業の“RE”(見直し)をしている

すべてが新規産業である必要はありません。過去にある産業を見直し組み立て直したところに、高収益ビジネスが発生しています。リサイクルなどもそうです。

14.資金はそれなりにある

資金は潤沢なことがいいことに変わりはありませんが、資金がなくても工夫をすることで解決できます。例えば、購入は買掛にして前金あるいは現金販売で回収して成功した人は、数限りなくいます。また小資本で成功した事例も多数あります。

15.営業・販売を重視している

混乱の時代、激変の時代には営業・販売力の強いところが勝ちます。製造はだれにでもできます。とにかく営業・販売に力を入れ、このシステムを組み立てることです。だれが、いつ、だれに、いくらで、どう売るのかをきちんと組み立ててください。成否はここにかかっています。



いかかでしたか?どれももっともなことですが、実行しようとするとなかなか難しいですよね。

ところで、私は来月、東京都商工会連合会が開催する、創業塾の「起業家向け基礎講座」に参加する予定です。朝10時~5時までの5日間で、受講料は3,000円です。このセミナーにあわせて帰国します。内容はまたこのブログでこっそり?紹介しますね。

<あとがき>
商工会と聞くと、商工会議所の珠算検定を思い出すのは私だけ?ちなみにわたくし、小学生の時に珠算検定1級を取得した算数少女です(^-^)v。思えば数字好きはあの頃から始まっていたのかなぁ。数学大好きだし、Accountingの授業でも、数字扱っているだけで幸せ感じます。が、なぜか、進んだのは文系で、しかも専攻は苦手な語学(大学でドイツ語、大学院で英語教授法)。進路を誤った感あり。なぜ語学専攻にしたのか理由が知りたい方はコメント欄まで↓(笑)。そういえば、そろばん塾って今もあるのかなぁ。最近は“ten key早打ち塾”とかになってたりして。


■FX(外為証拠金取引)と海外ファンドでラクラク資産運用する会
年利20~40%で安全に資産が増えていく方法、教えます

■柴山公認会計士事務所

株式・経営・会計の無料メール講座

■投資家の成長と自立の為の楽々投資家実践会

年率20%以上10~20年。1日5分の楽々投資家生活への道
スポンサーサイト



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://labchan.blog15.fc2.com/tb.php/36-f754005c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。