ビジネスセミナー研究室

独立起業を目指して、アメリカ&日本で受講したビジネスセミナーや講義の内容を中心にご紹介しています
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
7月7日のブログのセミナー報告で、SPAM(宣伝や勧誘を目的としたジャンクメール)にはみんな飽き飽きしているというようなことを書きましたが、宣伝メールを喜んで受け取る人達もいます。

それが、懸賞付き広告です。

どういうしくみになっているのか簡単に説明すると、

広告を出したい企業が、懸賞サイトを運営している会社に広告料を支払う

懸賞サイト運営会社は自分達が保有している会員に広告メールを送る

会員はその広告をメールで受け取って見る(ただ受け取るだけではなく、クリックしてちゃんと見ないと懸賞やポイントの対象にならないところが多い)

懸賞サイト運営会社は企業からもらった広告料の一部を、懸賞や現金として会員に還元し、会員を増やす

会員が増えれば、広告依頼をする企業も増える

といった感じです。会員登録は無料だし、年会費ないし、メールを受け取って見るだけで、毎月100万円とか、1,000万円が当るチャンスがあり、1ポイント1円みたいな現金還元をやっているところもあり、会員はみんな喜んで広告を見るのです。

広告会社は、確実に自分達の広告を見てもらえるし、懸賞サイト運営会社はもらった広告料から賞金を出せばいいし、会員はプレゼントや現金がもらえるし、みんなHappyって感じかな?

誰が最初にこのビジネスモデルを考えたのだろう。インターネット広告推進協議会が発足したのが1999年だから、きっと6年以上前に誰かが考えたんだろうなぁ。

最初知った時はなんだかあやしいなー、個人情報漏れたりしないのかなーと思ったけど、このような懸賞サイトはれっきとした会社が運営していて、例えば、有名な懸賞サイトフルーツメールは、インターネット広告推進協議会にも所属している、アイブリッジ株式会社という会社が運営しているし、グッドラックは、有限会社エムファクトリーという会社が運営しています。

私のビジネスクラスの先生だったウォルター先生は、自宅でできるリサーチ(彼はresearchという言葉が嫌いで“field trips”と言っていた)の中で、Reading materials、mailをあげていました。そして、

「あなた達はジャンクメールを受け取ったらすぐゴミ箱に捨てますか?もったいない!ジャンクメールを読んで、ideaを盗みなさい。どんなカラーやデザイン、言葉が使われているのかチェックしなさい。そしていいideaはノートに書きとめておきなさい。あなたの周りにある機会を探すことを始めなさい。」

と言っていました。

ジャンクメール=即効ゴミ箱に捨てるもの

と思っていた私はびっくりして、あーそうか、常にアンテナをはって、周りにあるものからチャンスを見つけなさいってことなのだなって思いました。

そ、し、て、私も懸賞メールの会員登録しました~。「お小遣い稼ぎ【登録無料】懸賞サイト」のところにもいろいろ載せたけど、インターネットテーマパーク7wonderとかです。

どんな広告を出しているのかとか、どのような懸賞サイト会社が儲かっているのか興味があったので、それには自分で登録して見るのが一番だし、しかも登録無料で、メール見るだけで宝くじに当るようなチャンスが毎月あるなんて、一石二鳥♪といった感じです。

最近はこれらの懸賞サイトに登録して、月に数百万円稼いでいる人もいるそうだから、また研究して結果報告します。


■フルーツメール
毎日豪華商品が当る、【毎日懸賞】好評実施中!

■インターネットテーマパーク 7wonder
ゲームに参加してプレゼントに応募しよう

■欲張り王
完全無料!メールを見るだけで1000万円のチャンス 
スポンサーサイト



今日もブログ見てくださってどうもありがとう(*^-^*)。

↓皆様のクリックが励みになっています☆

banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://labchan.blog15.fc2.com/tb.php/12-70b706da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。